介護・福祉の最新ニュース

「キュア」「ケア」両輪で地域支援 地域包括ケア病棟協会が設立

<シルバー新報 5月23日号>

2014年度の診療報酬改定で創設された「地域包括ケア病棟」の取得を目指す医療機関を会員とする「地域包括ケア病棟協会」が15日、設立された。総会や記念座談会には250人の病院関係者が集まった。  「地域包括ケア病棟」は、今年度の診療報酬改定で新設された包括報酬。「急性期からの受け入れ」「在宅復帰支援」「緊急時の受け入れ」などの地域包括ケアシステムを支える機能を評価する内容だ。要件を厳しくし、削減をねらう看護7対1病棟からの移行先という位置付けでもある。