介護・福祉の最新ニュース

訪問診療引き下げで混乱 サ住協がシンポ

<シルバー新報 5月30日号>

「在宅医療推進に逆行」
サービス付き高齢者向け住宅協会(橋本俊明会長)が21日に開催した「第5回高齢者集合住宅研究大会」では、医療連携をテーマにシンポジウムが行われた。4月からの診療報酬改定で、有料老人ホームやサ付き住宅への訪問診療料が大幅に引き下げられたことによる混乱が報告された。「在宅推進に逆行する」という厳しい批判もあった。