介護・福祉の最新ニュース

医療ケア認定介護職8600人に 本紙調べ

<シルバー新報 5月30日号>

都道府県「もっと多いはず」 実地研修先確保が課題
改正介護福祉士法により2012年度から合法化された介護職員による医療的ケア。本紙が22日までに都道府県に聞き取り調査をしたところ、医療的ケアを実施できると「認定」された人は、8600人ほどであることが分かった。1年前より大幅に増加しているが、研修の受講者数に比べると認定者は半数にも満たないという自治体も多い。「実地研修ができない」ことが要因と指摘する声が圧倒的だ。