介護・福祉の最新ニュース

福祉人材確保策で検討会 厚労省

<シルバー新報 6月6日号>

「介護」の結論6月中に
厚生労働省の「福祉人材確保対策検討会」(座長・田中滋慶応大教授)は4日、初介合を開いた。2025年には今より100万人以上の確保が必要になると試算され、政治レベルでも懸案となっている介護人材確保策については、前倒しで議論し6月中には一定の結論を得たい考えだ。