介護・福祉の最新ニュース

外国人技能実習に介護を 法相懇が報告書 受入れ要件の新設可能に

<シルバー新報 6月13日号>

法務相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」は10日、外国人技能実習制度について改善した上で、受け入れ対象職種を介護分野に拡大することなどを求める報告書を谷垣禎一法相に提出した。政府が今月中にまとめる成長戦略に盛り込む。日本語能力など新たな要件を設定することは認められる。今後は、その具体的な内容が争点。制度を所管する厚労省を中心に基準を決めることになる見通しだ。