介護・福祉の最新ニュース

「要支援切り」なお賛否 16日に公聴会も 医療・介護総合確保推進法案 参議院厚生労働委員会

<シルバー新報 6月20日号>

参議院では、法案審議で公聴会を開くのは珍しく、それだけ重要法案の位置づけということになる。  京都府の山田啓二知事は、法案について「異論はない」と述べた。介護予防の地域支援事業化については注文をつけ、「NPOを活用するというのはそんなに簡単なことではない。財政再建の観点のみから厳しい効率化を課すことで市町村や都道府県に安物の福祉を押し付けることになる」と懸念を示した上で、国に責任を持って自治体への財政支援を行うよう迫った。