介護・福祉の最新ニュース

骨太・成長戦略閣議決定 15年度予算 社会保障費

<シルバー新報 6月27日号>

「自然増も精査」へ
政府は24日夕、臨時閣議を開き、「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)と新たな成長戦略「日本再興戦略」を閣議決定した。「アベノミクス」の第三の矢の中核に法人税の実行税率を欧州やアジア諸国並みの20%台(現在約35%)にす引き下げることを据え、医療、雇用、農業などの「岩盤規制」に踏み込み、デフレ脱却と経済再生への道を確かなものにするとしている。歳入面では「成長志向型」を目指す一方で、歳出に対しては社会保障などへの義務的経費を含め聖域なき見直しを行っていく必要があるとした。小泉政権の抑制の反動からこれまでフリーパスだった自然増についても厳しく精査。経済再生と、財政健全化、持続可能な社会保障の同時達成を目指すという。