介護・福祉の最新ニュース

生活支援は「家政婦」に 日本看家事業協会 評価制度創設へ

<シルバー新報 7月25日号>

介護保険法改正で来年度から予防対象者の生活支援サービスが地域支援事業化される。これを新たなビジネスチャンスととらえているのが家政婦紹介業だ。全国組織である日本看護家政紹介事業協会は、家政婦の評価認定制度の創設に向け急ピッチで準備を進めている。家事代行サービスの参入など家政婦紹介業を取り巻く環境が厳しさを増す中、家事援助にとどまらない幅広く多様な生活支援ニーズに対応できる家政婦の活用をアピールしていきたいという。