介護・福祉の最新ニュース

養成校の国試義務付け延期 厚労省 介護福祉士資格の一元化断念 実務者のみ実施へ

<シルバー新報 8月1日号>

厚生労働省は、2016年度から施行するとしていた介護福祉士資格取得方法の一元化のうち、介護福祉士養成施設修了生への試験義務付けを当面の間、延期することを決めた。7月25日に開いた福祉人材確保対策検討会(座長=田中滋慶応大学名誉教授)に提案し、了承された。一元化の施行は6月に成立した地域医療・介護総合確保推進法で1年先送りが決まったばかり。再延期にはまた法改正が必要となり、異例の事態と言える。