介護・福祉の最新ニュース

新総合事業でGL案 厚労省 全国担当課長会議を開催 「一歩進んだ」ケアマネジメント 介護予防手帳の活用を

<シルバー新報 8月1日号>

厚生労働省は7月28日、全国介護保険担当課長会議を開催した。もっとも注目されていたのは、新しい総合事業のガイドライン(GL)案だ。現場の好事例を踏まえ、実践的な内容にしたいという意図は分かるが、盛り込み過ぎで分かりにくい。まだ、荒削りな印象だ。「説明会には国から講師を派遣する」「市町村からの意見もほしい」と厚労省側が繰り返していたのが印象的だった。