介護・福祉の最新ニュース

認知症ケアに〝人生の記録〟ダスキン インステッド事業強化 研修プログラムを独自開発

<シルバー新報 9月5日号>

多様な生活支援サービスを行っているダスキン(大阪府吹田市、山村輝治社長)のホームインステッド事業部では認知症ケアに力を入れ始めている。家族や本人に書いてもらった「ライフジャーナル」(人生の記録)を、スタッフが毎日のケアに生かすのが大きな特徴だ。スタッフの教育プログラムを開発し、昨年3月から研修を全国でスタート。1700人余りが受講した。