介護・福祉の最新ニュース

ウォーキングポイントで健康に 横浜市 歩数に応じ景品交換 地域活性化と一石二鳥

<シルバー新報 11月7日号>

横浜市は1日、「よこはまウォーキングポイント事業」を開始した。市民が歩数計を持って市内をウォーキングし、歩数に応じて一定数貯めたポイントを景品と交換できる仕組みだ。楽しみながら健康づくりができ、商店街の活性化にもつながり、一石二鳥の事業だ。参加登録者は、5日時点で既に今年度目標の5万人を突破した。