介護・福祉の最新ニュース

民間主導で「模擬地域ケア会議」 千葉県在宅事業者協が初開催

<シルバー新報 11月13日号>

多職種連携を実感 会場からも活発な意見

千葉県在宅サービス事業者協議会(畔上加代子会長)は7日、県内の介護事業者などを対象に「模擬地域ケア会議研修会」を開催した。自治体主導で行う例が多い中、民間事業者が自主的に実施。傍聴者からの積極的な発言もあり、会場一体となって検討が進められた。  ケアマネジャーや民生委員、歯科医師や看護師、薬剤師、作業療法士、管理栄養士、通所・訪問介護事業所など14人が、利用者の実例をもとに3時間かけて検討を行った。