介護・福祉の最新ニュース

在宅支援のデイ目指して 生活状況知り通所計画に反映

<シルバー新報 11月13日号>

生活相談員が退院前アセスも

セントケア・ホールディング(東京都中央区、森猛社長)は、「在宅支援型」デイサービスへの転換に力を入れている。生活相談員やリハスタッフがこまめに自宅や病院を訪問してアセスメントを行い、常に利用者の状態と連動した通所介護計画を立てられるようにした。入退院を繰り返しながらも機能を維持し、在宅生活を続けている利用者もいる。