介護・福祉の最新ニュース

福島市が継続打ち切り 訪問看護の1人開業第1号

<シルバー新報 3月16日号>

認可からわずか1カ月 理由は、利用者が“一般市民”
東日本大震災の特例として認められた、看護師が1人でも訪問看護ステーションを開設できる「1人開業」。今年1月末、福島県福島市で全国で初めて誕生したが、福島市は今年2月末で特例措置を打ち切ったことが分かった。利用者が、被災者ではなく、“一般市民”だったことが理由という。(以下略)