介護・福祉の最新ニュース

区を挙げ介護予防を推進 東京・荒川区

<シルバー新報 3月16日号>

23区中1位の保険料抑制へ
東京都荒川区は4月1日、組織横断的に区の介護予防事業を検討するため、副区長をトップとする「介護予防推進委員会(仮称)」を設置する。取り組みの一環として、今年10月から介護予防・日常生活支援総合事業をスタートさせる予定だ。ケアマネジメントにより必要な人に介護予防サービスを提供することで、全国平均より高い認定率を抑え、2期連続で23区トップの介護保険料も抑えたい考えだ。(以下略))