介護・福祉の最新ニュース

チームケアテーマに8研究発表 神奈川県特定協が大会 企業での経験生かし取り組み

<シルバー新報 2月13日号>

神奈川県の有料老人ホーム運営事業者が施設のサービスの質の向上を目指す「かながわ福祉サービス振興会」は6日、第8回の研究大会を横浜市内で開催した。県内の特定施設の職員を中心に約150人が参加した。大会テーマは「豊かな暮らしを支えるチームケア」。研究発表では、事前の審査を経て選ばれた8施設による8つの研究発表が行われた。 同大会は、2007年度から開催。会員以外も含めて広く一般からも演題を公募し、16演題の応募があった。県や横浜市、川崎市の行政担当者のほか、有識者などの審査員による事前の審査・採点を経て、選ばれた8題の発表が行われた。