介護・福祉の最新ニュース

やはり厳しいマイナス改定 介護報酬改定が決定 基本サービス費は軒並み減 処遇改善は「加算」が頼み

<シルバー新報 2月13日号>

来年度改定される介護報酬の額が6日、決定した。基本報酬は軒並み減額される一方で、職員の賃金の改善など処遇改善加算は引き上げられた。全体としては、2・27%のマイナス改定であり、トータルな収入が目減りする中で、そこまで処遇改善が実現できるかが事業者にはまず問われることになる。