介護・福祉の最新ニュース

「外国人技能実習機構」を設立 適正化法案が閣議決定 制度運用の監視強化へ

<シルバー新報 3月13日号>

介護分野の追加をする前提となる「外国人技能実習制度」の適正化に向けた新しい法律案が6日、閣議決定された。技能実習が適正に行われているかを監視する専門の機関として、「外国人技能実習機構」を置くのが柱だ。既に厚労省は、法人設立費用を予算要求しており、予算関連法案として成立を急ぐ考えだ。