介護・福祉の最新ニュース

生活困窮者自立支援法施行へ 厚労省社会・援護局 担当課長会議を開く

<シルバー新報 3月13日号>

厚生労働省は9日、社会・援護局関係主管課長会議を開き、来年度予算の執行方針について説明した。最大のテーマは、4月からの生活困窮者自立支援法の施行だ。来年度予算は、400億円を確保。生活保護の適正化事業と一体的に運用することで、効率性と効果を高めていくよう求めた。