介護・福祉の最新ニュース

「地域区分」が明暗分け あすなろみんなの家 新報酬で試算 年間150万円の押し上げ効果に

<シルバー新報 3月20日号>

4月からの新介護報酬では軒並み基本単価が引き下げられたが、もう一つ見逃せないのが地域区分の見直しだ。「経営への影響はむしろ地域区分の方が大きい」と話すのは、通所介護事業所「あすなろみんなの家」(東京都あきる野市、社会福祉法人秋川あすなろ会)の今裕司施設長だ。あきる野市が相当する5級地は上乗せ割合が4%アップして単価も引き上げに。経営シミュレーションでは年間150万円の押し上げ効果があることが分かった。