介護・福祉の最新ニュース

もう特養はつくれない! 豊島区 待機者300人 圏域外整備へ検討開始

<シルバー新報 8月5日号>

東京都豊島区は、「特別養護老人ホーム整備等の新たな整備手法に関する調査研究会」(委員長=大森彌東京大学名誉教授)を設置した。今年3月末時点で区の特養待機者数は306人。来年3月までに約200床分を整備するが、建設地の確保の目途が立たず、今後さらに増える見込みの施設利用ニーズに対応できないと判断したためだ。区外特養の利用意向調査や、友好都市関係にある千葉や埼玉の自治体などから候補地を検討する。年内に方針を固める予定だ。