介護・福祉の最新ニュース

介護報酬改定でも効果検証 厚労省が項目案

<シルバー新報 5月11日号>

新サービス重点に実施へ
2012年度介護報酬改定の効果を検証するため、厚生労働省の社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会(委員長=大島伸一国立長寿医療研究センター総長)は4月26日、初会合を開催した。12年度はサービス付き高齢者向け住宅や、新サービスの定期巡回・随時対応サービスなど6項目について検証する案が示されたほか、介護予防サービスや、認知症のサービスの調査研究を行うことを概ね了承した。(以下略)