Vol. 4 慢性的な肩こりでお悩みの方のためのコンディショニングストレッチ

Vol. 4 慢性的な肩こりでお悩みの方のためのコンディショニングストレッチ

Vol. 4 慢性的な肩こりでお悩みの方のためのコンディショニングストレッチ
松井 薫 氏 | パーソナルトレーナー

介護従事者の中には、同じ姿勢での作業が続いたり、無理な姿勢での介助などで慢性的な肩こりを自覚している方も多いようです。

肩こりは、頭を支える首周りの筋肉の緊張からくる血行不良が、筋肉への酸素や栄養の供給を不足させ、老廃物を蓄積させることにより引き起こされるといわれています。
 

今回は、慢性的な肩こりにお悩みの方に、日本テレビ「世界一受けたい授業」でも紹介された僧帽筋を中心とした首周りの筋肉を働かせることで肩こりを予防・改善していくコンディショニングストレッチをご紹介します。

health004_1

  1. 両手のひらが向き合うように、手を上に伸ばします。
  2. 肘を伸ばしたまま、両腕をブルブルと小刻みに動かします。

これを10秒×3セット行います。

health004_fig1

health004_2

  1. 両手をダラリと下げます。
  2. 背中を丸めないように、交互に両肩を上げ下げします。

これを10秒×3セット行います。

health004_fig2

health004_3

  1. 片脚でタオルを踏んで固定して、体を前傾させます。
  2. タオルを持っている手でアイロンがけをするように、肘を伸ばしたまま丸く動かします。
  3. 15秒程動かしたら、逆回しも行います。
  4. 反対側も同様に行います。

health004_fig3

首を支える筋肉の強化と肩甲骨まわりをほぐして、肩こり知らずの体作りをめざしていきましょう。

掲載の回数や秒数については、その日の体調と相談しながら無理のないペースで行ってください。