【特別編】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防とリラックスのためのストレッチ…その3

【特別編】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防とリラックスのためのストレッチ…その3

【特別編】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防とリラックスのためのストレッチ…その3
監修・TEXT=國方 晴彦 氏

日常生活においてもそうですが、長い時間肩甲骨を動かさないでいると背中の筋肉が緊張して血流が悪くなり、首や肩に力がはいりやすくなってしまい、頭痛や肩こりの原因になることも多いようです。

また、背筋が伸びた正しい姿勢を保つためには、上半身をしっかりとリラックスさせる必要があります。

今回は、二の腕と肩~体側にかけてを簡単に、かつ効率よく伸ばすストレッチを紹介します。

二の腕と体側のストレッチ

  1. 足を肩幅に開いて立ち、片腕をまっすぐと上に伸ばします。
  2. 肘を曲げてもう一方の手でその肘をつかみ(肩が硬い方は、無理のないように手首をつかみます)、二の腕の筋肉が心地よく伸びることを意識しながら肘を引っ張ります。
  3. 肘を引っ張っている方向に体を倒し、同時に体側も伸ばします。

ninoude_taisoku_all
 

肩のストレッチ

  1. 上記の二の腕と体側のストレッチの最初の体勢にもどります。
  2. 肘を伸ばしたままもう片方の手で肘をつかみます。
  3. 伸ばした腕を重りにするようなイメージで、肩周りの筋肉が伸びることを意識しながら、無理のない範囲でその腕を外側に倒していきます。

kata_all
 
 
二の腕と体側のストレッチの1~4と肩のストレッチの1~3を続けて反対側も同様に行うと、一連の流れとしてスムーズに行えます。