【特別編Ⅱ】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防のためのエクササイズ…その2

【特別編Ⅱ】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防のためのエクササイズ…その2

【特別編Ⅱ】トレーナーの視点から見たエコノミー症候群予防のためのエクササイズ…その2
監修・TEXT=國方 晴彦 氏

あまり体を動かさずに同じ姿勢のままじっとしていると、肩甲骨が開いたまま背中が丸まって血行が悪くなり、肩こりや首のこりを引き起こす要因にもなってしまいます。

それを予防するためには、普段から肩甲骨をしっかりと動かして、肩周りをほぐしておくことが重要になってきます。
今回は、肩甲骨の動きを改善して胸を開いて正しい姿勢を保ち、疲れにくい体づくりを目的とした上半身のエクササイズをご紹介させていただきます。

肩&肩甲骨まわし

  1. 片手を肩に置き、肘で円を描くように肩を前後に5回ずつまわします。
  2. そのまま、肘で8の字を描くように肩を回します。
  3. 5回まわしたら、その描き順と逆方向に8の字を描くように5回肩をまわします。

kata_all
 
反対側も同様に行います。
 

腕まわし&二の腕体操

  1. 前へならえの姿勢から、無理のない範囲でバンザイをするように腕を上げていきます。
  2. そのまま腕を真横に開いていき、前へならえの姿勢にもどります。
  3. ①・②を5回繰り返したら、指先を軽く組んで伸びをします。
    小指側が後頭部にくるように、背筋を伸ばしたまま肘を10回曲げ伸ばしします。

ude_all