介護・福祉の最新ニュース

ケアマネ試験合格率 過去最低 全国平均15・3%

<シルバー新報 12月15日号>

全都道府県でダウン

10月23日に実施された第14回介護支援専門員実務研修受講試験。今月9日以降、都道府県ごとに合格発表が行われたが、本紙が14日までに全自治体に問い合わせたところ、合格者数は全国で2万2329人、平均合格率はわずか15・3%だったことが分かった。
 
全都道府県で昨年度を下回っており、1998年に試験が開始されて以来、過去最低の水準だ。
ケアマネジャー試験の合格発表は今月9日当たりから順次都道府県ごとに行われ、14日までに全県で合格者に通知されている。近年はホームページで合格者の受験番号を公表する自治体も増えてきた。
 
シルバー新報は全自治体に対し、今回の試験の受験者数と合格者数、そして昨年度行われた第13回試験の実績を尋ねた。