介護・福祉の最新ニュース

小規模多機能に看護の力を

<シルバー新報 12月15日号>

ターミナルでも在宅継続

横浜市金沢区にある小規模多機能型ハウス「ふくふく寺前」は、食事を手作りで調理したり柔軟な泊まりに対応するなど、利用者の生活を支えるサービスにこだわっている。看護師2人が常勤しており、医療依存度の高い利用者を受け入れているのも大きな特徴だ。「小規模多機能は、看護師の力を発揮できるやりがいがある場所」と、小規模の良さを看護師にもっと知ってほしいと、来年度から始まる訪問看護と小規模多機能を組み合わせた「複合型サービス」のモデル事業にも取り組んだ。