介護・福祉の最新ニュース

障害児から高齢者までの街づくり 社会福祉法人が実践する「地域包括ケア」

<シルバー新報 2月3日号>

佐世保市・幼老育成会 〝断らない〟から広がる輪
 長崎県佐世保市の社会福祉法人幼老育成会(土井庸正理事長)の訪問介護事業所サクラは、高齢者、障害者・児併せて約250人もの利用者を抱える事業所だ。「どんな利用者も断らない」という方針が地域に浸透し、行政からの依頼や、利用者の口コミを通じて自然に増えたという。「街づくり」の中で幼児から障害者、高齢者までの福祉を担おうという考え方がある。(以下略)