介護・福祉の最新ニュース

第5期の介護保険~わがまちの事業計画 給付増で保険料4割増 予防プラン検討で認定率抑制へ

<シルバー新報 2月3日号>

大牟田市長寿社会推進課長 井上 泰人 氏に聞く
 認知症の啓発活動や、認知症を地域で見守るネットワークづくりなど、認知症対策に積極的な自治体として知られる福岡県大牟田市。介護給付費が見込み以上に伸びたため、第5期の保険料は4割も増加する。高齢化と人口減で今後も続く給付増への対策として新たに導入するのが、プラン検討会議(仮称)だ。理学療法士などの専門職も参加し、地域包括や介護事業所とともに内容を検討していくという。(以下略)